FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

あくえきしつ

2018/09/21
食欲がまた落ちてきたのと連休もあるしで、早めに病院へ行ってきました。

1.16kg。
体重の減少とお腹の張りを指摘されました。

悪液質(あくえきしつ)。
お腹がポコッとしたり全体的に骨ばってきたりとがん特有の症状を悪液質というのだそうです。

2週間弱で100gも減るなんてショックでした。
胸周りが大きいような気がしてたのも気のせいではありませんでした。
毎日あんなに撫でているのに
いつの間にか痩せていつの間にか大きくなって、という感じです。
それに胸だと思っていたところは実はお腹だったんですね。
映像などで目にする栄養失調の子供のお腹が大きいのと同じなのかもしれません。


お腹の大きさを比べてみました。

8月11日
DSC07104-1.jpg

9月19日
DSC07456-1.jpg

シュッとしていたお腹が膨らんでいます。
お尻も大きく見えるけど、足の位置もあって実際は骨ばって小さくなっています。

撫でている時に硬いものがあると「しこり?」とヒヤッとしてもそれは骨なんです。
ここのお肉もなくなっちゃったね、と優しく撫でるしかありません。

動きが少なくなってきてふらつきも少しずつ進行しています。
「目がまだ死んでいないから頑張っているよ」と先生に言っていただきました。

注射をしたのでこれでまた食欲が出てくれることに期待します。


ももちゃん病院よくがんばったね
DSC07486.jpg
ごほうび♪



診察代
再診料、
皮下注射、内用薬   11300円 (税別)




スポンサーサイト
18:12 病院・病気・けが | トラックバック(0)

がら~ん

2018/09/17
三角トイレで代用していた牧草入れはあっという間にお払い箱になりました。

中に入っておしっこ・・・なんて心配はいりませんでした。
深くて牧草はたくさん入るのだけどももがそこに入って食べるほどの広さはないし
牧草をかき出したり選んで食べれなかったのも良くなかったのかもしれません。
ちょうど食欲がなくなってきた時で食べにくそうにも見えてこれじゃあダメだと。


それで今は直置き。
DSC07433.jpg

牧草の下にだけ金網+シーツ。
そして水入れだけのがら~んなケージになっています。


ちょうど尻尾が上がっておしっこの披露も^^;
DSC07435.jpg


トイレを外してから気づいたことがあります。
今まではトイレ砂を使っていて、シーツ+トイレ砂の時もありました。
トイレ砂の香りが良いわぁなんて思ってたくらいでした。
それがシーツだけになったらどこからともなく漂ってくるニオイ・・・。
ま、それはおしっこ集中箇所に砂をバラまくことで一件落着したけれど
おしっこ臭って案外キツいんだと気づきました。
「消臭」がうたい文句の商品があるのも納得です^^




15:27 未分類 | トラックバック(0)

食欲回復

2018/09/14
足のふらつき、しこり、そして痩せてきたことが気になっていました。

診察台の体重計では1.26kg。
その2週間前は1.30kg。
いつの間にか肩から背中お尻にかけてゴツゴツになってしまいました。
ペレットは1日に数十粒ほどしか食べず、牧草も全然減りません。
野菜やおやつのクズの葉を食べてくれるのが救いといったところでした。

食欲を戻すための注射を2本。
もし食欲が戻らなければ何回か注射し、それでもダメなら強制給餌。
まずはこの注射で様子を見ましょう、となりました。

おかげさまで注射の翌日からグンと食欲が回復しました。
牧草を食べ、朝晩約5gのペレットを半日かけてほぼ完食するまでになりました。
ペレットを少し増やすと残してしまうので今はこれが適量なんでしょう。
食欲が出たことを良しとしないといけませんね。


ももが回復したというのに私はしばらくモヤモヤした気持ちが続いていました。
食欲が戻らないことにはどうにもならない、と今になってみればわかります。
食欲を第一に考えなければいけないときに
私がメモ書きしたことを次から次へと質問しようとするので
先生は半分あきれて(・・・私にはムッとしてるように見えたけど)
何度も「とにかく様子を見ましょう」と遮られてしまいました。

「関連付けて考えれば必要な質問かどうかわかる」と言われたって
その場では頭が回らないしそんな冷静さも持ち合わせていません。
全く食べないわけでもなく排泄もちゃんとできていて
だから痩せてきたことよりも足のふらつきや他の細かなことが私には心配でした。
解決したいことばかりでした。

この先こういう症状が出てこうなるかもしれませんよ、と
あらかじめ聞いていたことには心の準備ができても
予想外のことがあるとやはり動揺や不安が増すばかりです。
その都度先生に聞いてもらいたいし教えてもらわないと
次の診察まで不安を抱えたまま過ごすのはとてもしんどいんです。

もう何も聞いてくれるなという雰囲気にも関わらず私は気になる症状などを話しました。
面倒くさい飼い主だと思われたかもしれません。
でも先生からはそれなりに答えがかえってきていたので
ももの今の状態に納得できて気持ちの整理もできました。
こう思えるようになるには数日かかったけれど
もう今後はそれらのことについて質問しないと思います。

正直なところ、前々から先生のことがちょっぴりこわいんです。
こんなに通っていたって毎回緊張するし上手く伝えられなくて凹んでばかりです。
でも私は先生の治療においては信頼しているんです本当に。

おかしな話よね。




新しいおもちゃをかじり始めて
DSC07315.jpg


30分経っても同じ場所^^;
DSC07343.jpg


足のふらつきは悪化はしていません。
動きが少なくなったなぁと感じます。

ももちゃん、ゆっくりとだらーんとしてればいいからね。



診察代
再診料、
皮下注射、内用薬    8050円 (税別)



19:15 病院・病気・けが | トラックバック(0)

足のふらつき

2018/09/08
右足がふらつくようになってきてしまいました。

少し前から毛づくろい中にふらっとするのを見かけていたけれど
「こけちゃったねぇ」なんてまだ笑っていられるくらいたまにだったのが
この一週間で頻繁になってきてしまいました。
[広告] VPS

[広告] VPS

お耳カキカキは左右とも上手くできなくて、特に右足では力が入りません。
毛づくろいやティモテのように立っている時はバランスを崩しやすいし
ぶるぶるっとしたり体の向きをパッと変えたりするとふらついてしまいます。

そしてトイレから降りる時も転びそうになったので撤去しました。
DSC07357.jpg

今は掃除のしやすさを優先にして、金網でシーツをはさんでます。
うさ耳の牧草BOXは木の角が危なそうだったので、三角トイレのすのこを外して牧草入れに。

急に環境を変えてもかわいそうなので
トイレの撤去、水置き場、牧草入れ、と日にちをあけて変更していきました。
しばらくこれで様子を見ようと思ってます。

ももをお迎えしてから毎号買っている「うさぎと暮らす」。
今まで何の気なしに読んでいた介護のページを読み直しました。
ももはまだ自分から牧草を食べにいくことができるし
おしっこも、最近はかなりあちこちにしてるけど、ほぼ決まった場所でしています。
介護というほどの状態ではなくてもよろけて体をぶつける心配があるので
今後はマットを敷いたり囲うことも考えています。

来週には病院があるので、病気の進行度合やケージ内のことを相談してきます。




18:00 病院・病気・けが | コメント(2) | トラックバック(0)

マッサージ

2018/09/06
あんよのマッサージ時間がだんだんと長くなって困る・・・・どころかうれしい!(^^)

[広告] VPS


この時はカメラを持ってるので片手だけど
いつもは両手であんよ全体を包み込むようにマッサージ。
足裏嫌がらないなんて、きっと気持ちいいんだよね(^^)


握手
DSC07252.jpg


握足
DSC07251.jpg


握しっぽ
DSC07253.jpg



大きなしこりの周辺に小さなしこりがまた出来てしまいました。
少し強めに内部を触るとコリコリとしたものが4個か5個か6個。
撫でているだけではわからない感触です。

自分で見つけることが出来て良かった。
病院でいきなり指摘されたらショックだからね。


実は心配なことが他にも。
対策途中なのでそれはまたあとで。



17:35 病院・病気・けが | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »