10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ももの避妊手術 その6

2013/03/21
おかげさまで毎日モリモリ食べて元気いっぱいのももです。

術後の検査というものは特にないそうです。
「3カ月後に診せて下さい」と言われましたが、
1-2ヶ月後に爪切りがてら病院へ行くのでその時に診ていただく予定です。

ももは「避妊手術」として卵巣と子宮を摘出しました。
今後子宮系の病気と妊娠の心配はありません。
中には卵巣だけを摘出するだけの病院もあるそうで、
「避妊手術」をしたはずが子宮系の病気になって飼い主さんビックリということもあるそうです。
確かに卵巣摘出をすれば「避妊」という意味では間違っていなくても、
二度も手術を受けたうさぎさんと飼い主さんは気の毒だったと思います。


緊急性のない避妊手術はあらかじめ準備することができます。
まずは手術日を決めること。
手術から1週間はももに付いていてあげたいと考えていたので、
シフト勤務をしているダンナさんが平日に3日間帰ってこられる日と
パートタイム的な仕事をしている私の休みが取れる日で調整し手術日を決めました。
実際には、手術日から3日間は外出する気にもなれませんでしたが
4日目頃からは気持ちに余裕ができたので買い出し程度の外出はしました。
都合がつかなかったので間に1日仕事にも行きました。

次に費用ですが、これは病院によってまちまちみたいです。
私は手術の予約で頭がいっぱいになり費用のことを何も確認せず帰ってきてしまったので、後日電話で確認をとりました。
手術費は約3万円だと言われましたが、
よくよく伺うとそれ以外の費用で約5万円ほどになるとのことでした。
どなたかのブログの話では、
手術費は数万円と言われてたのに総額で10万円近く請求されたとか。
(・・・はっきりと金額を覚えてません)
私はその場で確認をしなかったというミスをしましたが、
その方の話を思い出したおかげで2度目のミスを防ぐことができました。

あとはうさぎさんと自分(家族)の体調管理。
自分が寝込んだりしたら術後のうさぎさんを守ることなんてできないですよね。


手術に関しては賛否両論あると思います。
でも私がそうであったように手術をしようか悩んでる方も多いはずです。
経験者の話を一つでも多く聞きたい。
良いことでも悪いことでも何でもいいから情報が欲しい。
そんな時、先生の話や本よりも経験者のブログがとても参考になりました。
生の声に勝るものはないとすごく実感させれらました。
読み逃げばかりでしたが、ブログ訪問させていただいた方々ありがとうございました。
そして手術をしていただきました病院の方々、心配と励ましをいただきました方々、
本当にありがとうございました。

今回のももの手術が経験談の一つとして誰かのお役に立てたらと思いまとめてみました。
これからもどうぞももの応援よろしくお願いします。





手術にかかった費用のまとめ

3/12 (術前検査)
再診料    300円
血液検査  4500円
X線検査  2500円   計7300円(税別)

3/13 (手術)
手術料  25000円
麻酔料  10000円
入院料   3500円
内用薬(10日分)2000円 計40500円(税別)

3/15 (術後検査)
再診料    300円
処置料    500円   計800円(税別)

3/19 (抜糸)
再診料   300円
処置料   2000円   計2300円(税別)
----------------------
           合計50900円(税別)
  





今日のもものおなか

真ん中の切った痕がまだ赤いです
おなか

ホチキスの痕が3本わかります
おなか

お昼寝中だから邪魔しちゃダメだよね
ねむねむ

スヤスヤスヤ おやすみなさい
ねむねむ



スポンサーサイト
15:15 避妊手術 | コメント(0) | トラックバック(0)

ももの避妊手術 その5

2013/03/19
3月18日 (術後6日)

夜にへやんぽさせたら、走るわダッシュするわジャンプするわで絶好調なもも。
前日のへやんぽとは大違いで、うれしい回復ぶりを見せてくれました。

問題なさすぎてこの日は一枚も写真を撮ってなかったことに後で気づきました。(-_-;)






3月19日 (術後7日)

待ちに待ったというより意外に早く訪れることになった抜糸の日です。
こんな喜ばしい日に寝坊してしまった私。
ダメですねぇ。

もう最後だからね、と言い聞かせながらの投薬はいつものごとく悪戦苦闘。
甘くておいしい薬を是非とも作っていただきたいもんです。


さて、病院。

最初に体重を量ってもらって、1250g。
術前の体重は1350gで、臓器は約100gらしいです。
あんな小さな臓器が100gもあるなんて思えないけど、そんなもんなんだとか。
計算上はぴったり合ってますね。

いよいよ抜糸。
あっという間に台の上で仰向けにされ助手さん二人が手と足を持ってました。
ももが固まってる!
ちゃんと見ていたはずなのにどうやって仰向けにしたのかさっぱりわかりません。
きっともも自身も何が起こったのかわからなかったと思います。
そしてパッチンパッチンと目の前でホチキスを切ってはずしていく先生。
ももが暴れないのが不思議でしょうがなかったです。

写真を撮らせてもらおうか迷いましたが止めました。
カメラアングルなんかを考えてるより自分の目でしっかり見ておこうと思ったんです。
確かにしっかり見たんです・・・でも時間が経つと忘れちゃうんですよねぇ・・・。
やっぱり1枚でも撮っておけばとちょっと後悔してます。

これであっさりと抜糸が終了しました。


実は一つ気になってたところがありまして・・・。
右足より遅れて左足を動かしたり、左足だけが段差に引っかかったりしてました。
最初のうちは傷がひびいて痛いんだろうとそれほど気にしてなかったんです。
でもなんだかヘン。

これは牧草を食べている後ろ姿。
右足はかかとが上がってるのに、左足のかかとはペッタンとついてます。
あし

ヘンだと思えばヘンに思えてくるし
気づかなかっただけで普段でもこんな姿勢をしてたかもしれません。


この左足のことを先生に訊いたら
ホチキスのせいで足が引っ張られてたんじゃないか、とのことでした。
私もホチキスのせいだろうとなんとなく思っていても、
術後は何でもかんでもやたらと心配になってしまうもんです。
でも昨夜のへやんぽでは両足揃えて走ってたのを確認したし、
もうおかしな動きをしていないので大丈夫だと思います。


ようやく身軽になったもも。
帰ってきてからはトイレも毛繕いもせず、しばらくお腹をなめなめしてました。

201303191203

ホチキスが取れたこと、ももにもわかるのかしら。

201303191203


もも、これでもう大丈夫だよ。
全部終わったからね。
ゆっくり休んでていいからね。

201303191350


通院が終わり明日からは薬なしの以前のような生活リズムに戻ります。
もう少しこの手術日記に追加したいことがありますが、ひとまずお礼を。

ご心配と励ましをいただいた方々、本当にありがとうございました。




23:35 避妊手術 | コメント(1) | トラックバック(0)

ももの避妊手術 その4

2013/03/18
3月16日 (術後4日)

「ももちゃんおはよー」と声をかけた途端にケージのカジカジが始まって
元気いっぱいで応えてくれるようになりました。

お薬では相変わら手こずってももには負担をかけっぱなしです。
ケージからはすんなりと1回で抱っこして出すことができるんでここまでは良し。
その後からはもう闘いです。
くるまったバスタオルからもがいて逃げる力はかなりなもの。
逃げたとしてもケージに戻るか (ソファーで身をかがめる)
周りをウロウロするだけなので (どこに逃げていいかわからない様子)
すぐにまた捕まえられます。
走って逃げないところを見ると本調子ではないんだろなーと思います。
シリンジを口に入れてしまえば飲ませられるので、それまでに時間をかけないようにしなくっちゃ。
イメトレしてても思うようにはいかないもんです。

ペレットは以前の朝7g夜13gに戻し、野菜も食べてます。
牧草は暇さえあれば食べるってくらい食べてます。
おやつは当分無しです。


ごろ寝の時にお腹のホチキスがしっかり見えました。

201303161515





3月17日 (術後5日)

ももが戻ってきてから初めてケージの掃除です。
刺激を与えたくなかったし (お薬で十分刺激与えちゃってるけどね)
おとなしく過ごしてくれてるおかげで汚れが少ないしで
トイレ掃除だけで済ませてました。

掃除となるとももにはケージから出てもらわないといけません。

ももちゃん、どーぞへやんぽしてちょうだい!


階段をつけたのに横からピョンと出て行きました。

201303170936
階段なんていらないよ


邪魔をするのもお手の物。

201303170942


外を眺めるのも忘れてなかったね。

201303170946
お外行きたいなあ


久しぶりのへやんぽは、タッタッタと一通り動きまわったあと
私の周りをウロウロしてあっさりケージに戻っておしまいです。
ダッシュや空中ジャンプはなかったんでまだ走る力がないのかも。

ケージカジカジはすぐに収まるし、
「ちょうだい!」とか「出して!」って素振りもなし。
やたらと牧草を食べるおとなしいももです。



12:06 避妊手術 | コメント(2) | トラックバック(0)

ももの避妊手術 その3

2013/03/16
3月14日 (術後2日)

朝一番でお薬を飲ませました。
朝はシロップのような抗生剤です。

くすり


ダンナさんが下半身を持ち、私が頭を押さえて薬を飲ませます。
かなり抵抗されて口に入ったかどうか怪しいところ・・・。
ケージに戻したら顔を洗い始めたんで口の周りにだいぶついたかもです。

点滴の影響でしょうけど、大量のおしっことおまけにいつもと違う変なニオイ。
「ニオイを嗅いだあとトイレに乗るのを止めたようだ」とダンナさんが言うので即行でトイレ掃除。
あらまビックリ、ももはすぐにトイレに乗っかりました。
もももクサくてヤダなーって感じてたんですね。

ペレットは朝と夜で計15g、野菜(キャベツ、チンゲン菜、セロリ)はいつもの量を完食。
一度に食べることはせず、時間をかけて少しずつ食べてます。
牧草はまだそれほどの量を食べてなくて、水はほとんど飲んでません。
●の色は薄く大小様々でいびつな形をしています。

夜のお薬は私ひとりで飲ませました。
バスタオルにくるんで顔だけ出して動けないように・・・のはずが
なぜかすっぽり抜けて逃げる捕まえるの繰り返し。
傷口が痛くないか心配でギュッと出来ないのが難しいところです。

段差が平気になってきたのでごろ寝ソファーに変更。
ソファーの中で牧草を食べたり眠ったりできてなんとなく過ごしやすそうに見えます。
やはり慣れた物のが良いんでしょうね。

201303141320


ゴロン姿も何度か見せてくれました。
201303141619

昨日は一日中冷たかった耳もほんのり温かくなってきて、
ソファーや麻ひもをかじったりケージも少しカジカジして顔つきも変わってきました。
点滴でぷっくりしてた体は大量おしっこで出たのと食べてないせいで前よりもホッソリ。
たくさん食べてもっと元気になあれ。







3月15日 (術後3日)

朝ペレット7gと野菜少々を食べてから、検査のため病院へ。
ホチキス4ヵ所はしっかりそのまま残っていて、傷口もきれいだそうです。
傷口が早く治るようレーザー(?)を当ててもらって終了です。
とても順調なので10日後の抜糸予定が7日後の3月19日でOKだそうです。
もも、よかったね!


夜、ペレット10gといつもの量の野菜です。
牧草は食べる量がグンと増え、水も飲むようになりました。
おかげで●が丸い形にそろってきたし、おしっこも以前のような色がつくようになりました。
ソファーで牧草を食べながら●をするので、それを拾っては「いい子だねー」と撫でて褒めてます。
どんなことでも嬉しく感じちゃいます。

201303151740
ほら、立派でしょ!
●から体の調子がよくわかりますね。



邪魔にならないようにフェンスを外した場所を狙ってカジカジ

201303152027

カジカジできるのも

201303152027

元気になった

201303152027

証拠だよね

201303152028
てへっ!


ももらしさが戻ってきてうれしいよ

201303152045
ももはももだよ


お腹をチェックするのはなかなか難しくて、チラッと見れるかどうかです。
今はこんなかんじです。

201303152122



夕方にダンナさんが行ってしまったので明日からももを守るのは私だけ。
もも、一緒に乗り切ろうね。



11:18 避妊手術 | コメント(1) | トラックバック(0)

ももの避妊手術 その2

2013/03/14
3月13日 (術後1日)

手術日の夜、赴任中のダンナさんが帰ってきてくれたので
朝一緒に病院へお迎えに行きました。

予想通り朝まで何も飲まず食わずだったらしいもも。
点滴と強制給餌と朝に飲ませる抗生物質の薬はすでに終えていました。

お腹の中は溶ける糸で処置してあるそうです。
お腹の外はホチキスで4ヵ所止めてありました。

二人がかりでの薬の飲ませ方を教えてもらったので
ダンナさんに動画撮影をお願いして私はじっくり先生の手元を見てました。



帰宅後、ケージに入ったももはヨタヨタしながら一番にトイレ。

201303131029

おしっこと一粒の●をしたあとは、壁の方を向いてこちらに背を向けたまま。
広々と使ってもらおうと小さい牧草入れにしたんですけど、
なぜかちょんと手をかけたまま座って固まってました。
手を下につく体勢が辛かったのかもしれません。

201303131147

牧草と野菜とペレットと水、どれもクンクンするだけで口にしません。
点滴のせいか頻繁にトイレでおしっこをして、また手をかけて座るの繰り返しでした。

お腹を気にして舐めているみたいです。
そっとしておいてあげようと思ってはいても
ももが違う動作をするたびに心配でついつい近づいてしまいました。

201303131430

夕方になって初めて体勢を崩しました。
そんなとこでそんな風に寝なくてもいいのにと思うけど、
ゴロンとうまく出来ないのかも。

201303131738

5時ごろ、整腸剤のお薬の時間です。
ダンナさんが下半身を押え、私がシリンジで飲ませました。
ケージから出す時、まだ動きが鈍いのにトイレに乗って少し抵抗したりして、
いつものももらしい行動が見れてうれしかったです。

夜6時の時点で食べた量は、
ペレット14粒、短い牧草を4-5本、野菜(小松菜の葉、セロリの葉)を5枚くらい、水はゼロ。
この量が良いのか悪いのかわからないので病院に電話をして聞きました。
これだけ食べれば十分で、野菜から水分が取れるので水は飲まなくて大丈夫だそうです。
明日になればもっと増えるでしょう、とのことでした。
食べれなかったらまた病院へ連れて行って強制給餌だったので一安心です。



毛繕いもできるようになりました。

201303132034

新しい牧草を入れると食べ、野菜も追加、ペレットも約5gを時間をかけて食べました。

201303132122


ティモテも見せてくれました。

201303132135

毛のない薄ピンクのお腹を見ると、まだ終わったばかりなんだなーと再認識。
でもそのかわいい仕草に微笑んでしまいます。

201303132135


時間とともに少しずつ動きが良くなり、牧草入れの前に座り込むこともなく
いつものヒーターの上でいつものように丸く寝れるようになりました。

今日よりも明日、明日より明後日。
ももが早く回復しますように。



16:29 避妊手術 | コメント(3) | トラックバック(0)

ももの避妊手術 その1

2013/03/12
3月12日(手術当日) 1歳1ヶ月16日

いつもより早起きして、定量のペレットといつもより少な目の野菜で朝ごはんです。
へやんぽも短めにしてケージで落ち着かせてました。
おしっこと●はいつも通りで順調。

そろそろ行こうか・・・というのに、キャリーバッグに入れるのに3回失敗。
ただならぬ空気を察知してかももも逃げるのに必死。
30分格闘してようやくバッグの中に納まったももはバッグの中で足ダンにガリガリ。
もも、ごめんねぇ。

術前検査として、血液検査とレントゲン。
台の上なのに逃げようとするし、
レントゲンも嫌がって頭がそっぽ向いた状態での撮影だったらしいです。

これがいつもの暴れん坊のももだと思えばそうだし、
でもこんなに嫌がって暴れてるのに預けて大丈夫なんだろうかと、
検査結果が出るまでの約10分、待合室で考えてしまいました。

結果説明を受けた後、持参したペレットと牧草とバッグを預け、
そのままももは連れていかれました。
撫でたり声をかけるのも忘れてしまって、私もかなり緊張してたかも。

帰宅後はケージやトイレや敷物を洗いました。
花粉が気になったけど天気が良かったので天日干しです。
キレイなケージでお迎えしたいもんね。

昼からの手術は1時半頃に終わるとのことだったので携帯と子機のそばで待機。
先生からの電話に安堵。
よかった、よかった、本当によかった。

夕方ももとの面会です。
先に、摘出した臓器を見せてもらいました。
子宮系の病気で摘出した臓器の写真を本などで見ることがあるけれど
それと比べるととても細くて小さかったです。
小さな臓器でも開腹したももの痛みを思うと・・・。

当のももはというと、痛くて丸くなってるもんだと思ってたら
ケージの隅で普通に座ってこっちを見てました。
先生が息を吹きかけるとブルッと頭を振って「なにすんの?」っ顔で横向いちゃいました。
ちゃんとした反応があるから大丈夫とのことです。

ケージではおしっこ1回分と●10粒くらいしていて、これは朝の消化分らしいです。
問題はこれからちゃんと食餌と排泄ができるかどうか。
大抵のコはすぐに食べないので強制給餌になるそうです。

先生は夜3時間おきくらいにケージをのぞいてくださるそうです。
もし日帰り手術だったら、必要以上にかまったり話しかけたりおろおろしたりで、
かえってももが休めなくなってたかもしれません。
なので、ももにとっても私にとっても入院で良かったと思います。


もも、明日お迎えに行くから今日はゆっくり休んでね。




朝の小松菜
もも

待合室で
もも



本日の診察代(術前検査)
再診料    300円
血液検査  4500円
X線検査  2500円  合計7300円(税別)



21:30 避妊手術 | コメント(2) | トラックバック(0)

手術が終わりました

2013/03/12
ももの避妊手術が無事終わりました。

14時05分、先生より電話で報告がありました。

もう麻酔から覚めて、ちょっと怖がってる様子とのことです。

今日は病院で1泊するので、夕方様子を見に行こうと思います。

電話を切った途端、泣けてきました。

もも、よく頑張ったね。

あとで会いに行くからね。
14:14 避妊手術 | コメント(1) | トラックバック(0)

避妊手術について

2013/02/23
うさぎさんの避妊手術。
女の子をお迎えすると決まった時から手術のことを考えてました。

病気の不安を減らしたい
長生きしてほしい

単純にそんな考えだったんです。
でも現実は避妊手術をしたって他の病気になるわけですから、
こんな単純な考えで決めてはいけないんですよね。

ダンナさんとも話し合ったし、うさぎ本だって何度も読み返しました。
経験者の方のブログもたくさん読ませていただきました。

定期的に通院していれば異変が早く見つけられるし
それから手術をしても間に合うらしいです。

病気でもない健康な体にメスを入れることや小さな体での全身麻酔に開腹手術。
いくら先生の腕が良くても本人(もも)の体力の問題もあります。

先生は「リスクを理解しているのか」と強く強くおっしゃいました。
先生はリスクの高いうさぎさんの避妊手術には多分反対なんでしょう。
先生のお考えに納得し信頼するが故に、そこでは避妊手術の割合が非常に少ないらしいです。
もちろん私も先生のことを信頼しているからそこへ通っているんです。

でも病気や高齢のうさぎさんが麻酔して手術するリスクと
若くて元気なうさぎさんが麻酔して手術するリスク。
同じ行為をするなら、むしろ若くて元気な方がリスクが低いと思うんです。
あくまでも私の素人的な考えですが。


手術予定日は3月12日。

考えて考えて考えて手術を受けようと決めたものの
それでもやっぱり「万が一」の「一」になってしまったら・・・・・。
不安だらけです。
きっと直前まで何度も何度も気持ちが揺れ動くんだと思います。

健康な体に手術なんてかわいそうかな
でも病気になったら
でも病気の心配がなくなるなら
でも手術でなにかあったら
でも
でも
でも、、、、、

迷ったところで決めるのは私。
私がしっかりしないと、です。

手術日まで体重増やさないように、ケガや病気をさせないように、
健康体でその日を迎えられるように、気をつけていこうと思います。


------------------------


手術の話を切り出すことに頭がいっぱいで、体重を忘れてしまいました。
1.3○kgだったかな?
増えちゃった、って思ったことは覚えてるんですけどね。


今回の診察代(爪切り)
再診料    300円
処置料    800円 合計1100円




もものことばかり考えていたので久々の更新となってしまいました。

もも

ももは今日も元気です!


17:45 避妊手術 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME |