08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

毎週病院

2018/09/30
またまたレイアウト変更。

ケージ内の移動範囲を狭くしました。
DSC07587.jpg


動かなくても牧草食べれるね。
DSC07593_201809301638314fc.jpg



数日前から くっくっくっ という音が時おり聞こえていました。

くっくっくっ 
ぷっぷっぷっ
くぷくぷくぷ 
なんかそんなような音です。
だんだん聞こえることが多くなってくると肺への転移が頭をよぎってしまいました。

9月28日病院へ。
レントゲンの結果、転移の心配はなく大丈夫でした。
人間でも加齢によって飲み込む力が弱くなってくるし
飲み込んだり呼吸する神経が弱まっているのかもとのことでした。
がん細胞が全身に飛んでいて足の麻痺も脳転移によるものだと思われる状態なので
喉元だけではなくあらゆるところが弱くなるのも仕方ないのでしょう。

通院後は「次は2週間後だ」と毎回思っていても何かしら心配なことが出てきてしまいます。
もちろん無理はさせませんがこれからは週1で通って状態を見てもらうことになりました。


DSC07602.jpg


診察代
再診料、 レントゲン   2800円 (税別)




17:00 病院・病気・けが | トラックバック(0)

追加で白いマット

2018/09/27
マイクロファイバーの白いバスマットを買い足しました(^^)


この日は朝からご機嫌が悪くてマットをホリホリしてました。
力が入らなくてよろけながらホリホリホリホリ。
DSC07566.jpg


体を横たえたままカジカジも止まりません。
DSC07569.jpg


ケージ前面のがじがじフェンスを外したのが気に入らなかったみたい。
危ないかと思って全部取り外したとこだったけど
よくかじっていた1枚だけまた取り付けたらペロペロしたりして落ち着いてくれました。
かじり防止のつもりがももちゃん愛用してくれてたんだね(^^)

今までのももだったらこんな時はぶーぶー言いながらカジカジしてただろな。
あのぶーぶー、しばらく聞いてないなぁと思うとちょっと淋しい。
でもまだこんなふうに意思表示する元気があるってことはうれしいことよね。


トイレシーツの上でくつろぐももちゃん。
白いマットはどうしたの?
DSC07573.jpg


落とした盲腸糞の上にゴロンしたのか転んだのか、腰をベッタリ汚していました。
もちろんマットもベッタリ。

マットを取り換えようとしたらシーツの上でゴロンして動く気配なし。
そのままの体勢で汚れた毛をふきふきしてブラシで毛をほぐしてあげました。

今は牧草やお水以外のことでは動かないし体勢も変えません。
物音や誰かが近づいたからといって体を起こしたりもしません。
一度ゴロンとなったら次はいつ動くのやら、です。


ももちゃんにはゆっくりした時間が流れています。



17:36 もも | トラックバック(0)

ピンクのマットに

2018/09/25
自力で動けれるようだったら平らなマット類か吸水マットで。
寝たきりになったら介護でおススメされているマイクロファイバーのバスマットで。
そんなようなことを何となく考えていただけで何も用意していませんでした。

ふらつきを通り越して足がもつれ始めたかと思ったら右足をひきずるまでに。
ほんの2-3日で急激に悪化したのです。
「これはマズい」と慌ててマイクロファイバーのバスマットを買って洗濯しました。
(最初に洗った方が吸水しやすいらしいので)


バスマットを横半分にカットし金網部分に敷き詰め、
ケージの両脇は即席で作ったクッションを置きました。
DSC07517.jpg


クッションは、中央を仕切ってそれぞれにタオルを入れて厚みを調整できるようにしてあります。
ティッシュケースを並べたようなかんじかな。
DSC07525.jpg

最初は丸めたタオルに(タオルのループをかじらないように)布をかぶせるだけのつもりで、手持ちの生地を広げていたんです。
それがなぜか急に、数日前に栗色うさこさんに「やそきちさんならああいうの作れるよね」と言われたのを思い出しまして。
そう、これ、うさぎショップで販売している介護用のクッションを参考にしたんです。
切羽詰まった状態だった割りにはやけに頭が冴えていてすぐに作ることができました(^^)v


これで安心かと思いきや・・・・
今朝おしっこのついたマットを洗ったはいいが替えのマットがないことに気づきました。
マットを使ってくれるかわからなかったし、洗い替えがいることも頭に全くなくて1枚しか買ってなかったんです。
はい、また今日買いに行って、洗っておきました^^;


乾くまで水飲み場のマットはなしでね。
DSC07527.jpg


それから、出入り口にクッションで高さ調節も。
DSC07533.jpg


あれこれ考えていても、そういう状況にならないと事は進みませんね。

マットの使い勝手はまたあとで。




18:30 病院・病気・けが | トラックバック(0)

それなりに食べる

2018/09/24
食欲はどうかと聞かれたら、あるにはある、でしょうか。

ペレットはもうほとんど食べなくなりました。
でも牧草はほどほどに食べてくれるし、葉野菜やおやつ野草も喜んで食べます。
つい1ヶ月前と比べたら激減レベルだけど
ここ最近でみると少ないなりに食べているようにみえます。


へやんぽ中でも牧草もぐもぐ。
イイコです(^^)
DSC07464.jpg


目の前で毛づくろいが始まったときは腰を支えてあげてます
DSC07462.jpg


「あ!」 と思ったらティモテポーズしてました(9月21日)
[広告] VPS

多分4回目のティモテに挑戦しようとしているところでした。
失敗しちゃったけどよくがんばったね。

あのかわいいティモテ姿がもう見れないのかと思うと・・・(>_<)


でもね、
天使の寝顔はまだまだ見れますよ♪
DSC07509.jpg




*次回のブログ予告*

これについてです↓
DSC07516.jpg




17:13 もも | トラックバック(0)

あくえきしつ

2018/09/21
食欲がまた落ちてきたのと連休もあるしで、早めに病院へ行ってきました。

1.16kg。
体重の減少とお腹の張りを指摘されました。

悪液質(あくえきしつ)。
お腹がポコッとしたり全体的に骨ばってきたりとがん特有の症状を悪液質というのだそうです。

2週間弱で100gも減るなんてショックでした。
胸周りが大きいような気がしてたのも気のせいではありませんでした。
毎日あんなに撫でているのに
いつの間にか痩せていつの間にか大きくなって、という感じです。
それに胸だと思っていたところは実はお腹だったんですね。
映像などで目にする栄養失調の子供のお腹が大きいのと同じなのかもしれません。


お腹の大きさを比べてみました。

8月11日
DSC07104-1.jpg

9月19日
DSC07456-1.jpg

シュッとしていたお腹が膨らんでいます。
お尻も大きく見えるけど、足の位置もあって実際は骨ばって小さくなっています。

撫でている時に硬いものがあると「しこり?」とヒヤッとしてもそれは骨なんです。
ここのお肉もなくなっちゃったね、と優しく撫でるしかありません。

動きが少なくなってきてふらつきも少しずつ進行しています。
「目がまだ死んでいないから頑張っているよ」と先生に言っていただきました。

注射をしたのでこれでまた食欲が出てくれることに期待します。


ももちゃん病院よくがんばったね
DSC07486.jpg
ごほうび♪



診察代
再診料、
皮下注射、内用薬   11300円 (税別)




18:12 病院・病気・けが | トラックバック(0)

がら~ん

2018/09/17
三角トイレで代用していた牧草入れはあっという間にお払い箱になりました。

中に入っておしっこ・・・なんて心配はいりませんでした。
深くて牧草はたくさん入るのだけどももがそこに入って食べるほどの広さはないし
牧草をかき出したり選んで食べれなかったのも良くなかったのかもしれません。
ちょうど食欲がなくなってきた時で食べにくそうにも見えてこれじゃあダメだと。


それで今は直置き。
DSC07433.jpg

牧草の下にだけ金網+シーツ。
そして水入れだけのがら~んなケージになっています。


ちょうど尻尾が上がっておしっこの披露も^^;
DSC07435.jpg


トイレを外してから気づいたことがあります。
今まではトイレ砂を使っていて、シーツ+トイレ砂の時もありました。
トイレ砂の香りが良いわぁなんて思ってたくらいでした。
それがシーツだけになったらどこからともなく漂ってくるニオイ・・・。
ま、それはおしっこ集中箇所に砂をバラまくことで一件落着したけれど
おしっこ臭って案外キツいんだと気づきました。
「消臭」がうたい文句の商品があるのも納得です^^




15:27 もも | トラックバック(0)

食欲回復

2018/09/14
足のふらつき、しこり、そして痩せてきたことが気になっていました。

診察台の体重計では1.26kg。
その2週間前は1.30kg。
いつの間にか肩から背中お尻にかけてゴツゴツになってしまいました。
ペレットは1日に数十粒ほどしか食べず、牧草も全然減りません。
野菜やおやつのクズの葉を食べてくれるのが救いといったところでした。

食欲を戻すための注射を2本。
もし食欲が戻らなければ何回か注射し、それでもダメなら強制給餌。
まずはこの注射で様子を見ましょう、となりました。

おかげさまで注射の翌日からグンと食欲が回復しました。
牧草を食べ、朝晩約5gのペレットを半日かけてほぼ完食するまでになりました。
ペレットを少し増やすと残してしまうので今はこれが適量なんでしょう。
食欲が出たことを良しとしないといけませんね。


ももが回復したというのに私はしばらくモヤモヤした気持ちが続いていました。
食欲が戻らないことにはどうにもならない、と今になってみればわかります。
食欲を第一に考えなければいけないときに
私がメモ書きしたことを次から次へと質問しようとするので
先生は半分あきれて(・・・私にはムッとしてるように見えたけど)
何度も「とにかく様子を見ましょう」と遮られてしまいました。

「関連付けて考えれば必要な質問かどうかわかる」と言われたって
その場では頭が回らないしそんな冷静さも持ち合わせていません。
全く食べないわけでもなく排泄もちゃんとできていて
だから痩せてきたことよりも足のふらつきや他の細かなことが私には心配でした。
解決したいことばかりでした。

この先こういう症状が出てこうなるかもしれませんよ、と
あらかじめ聞いていたことには心の準備ができても
予想外のことがあるとやはり動揺や不安が増すばかりです。
その都度先生に聞いてもらいたいし教えてもらわないと
次の診察まで不安を抱えたまま過ごすのはとてもしんどいんです。

もう何も聞いてくれるなという雰囲気にも関わらず私は気になる症状などを話しました。
面倒くさい飼い主だと思われたかもしれません。
でも先生からはそれなりに答えがかえってきていたので
ももの今の状態に納得できて気持ちの整理もできました。
こう思えるようになるには数日かかったけれど
もう今後はそれらのことについて質問しないと思います。

正直なところ、前々から先生のことがちょっぴりこわいんです。
こんなに通っていたって毎回緊張するし上手く伝えられなくて凹んでばかりです。
でも私は先生の治療においては信頼しているんです本当に。

おかしな話よね。




新しいおもちゃをかじり始めて
DSC07315.jpg


30分経っても同じ場所^^;
DSC07343.jpg


足のふらつきは悪化はしていません。
動きが少なくなったなぁと感じます。

ももちゃん、ゆっくりとだらーんとしてればいいからね。



診察代
再診料、
皮下注射、内用薬    8050円 (税別)



19:15 病院・病気・けが | トラックバック(0)

足のふらつき

2018/09/08
右足がふらつくようになってきてしまいました。

少し前から毛づくろい中にふらっとするのを見かけていたけれど
「こけちゃったねぇ」なんてまだ笑っていられるくらいたまにだったのが
この一週間で頻繁になってきてしまいました。
[広告] VPS

[広告] VPS

お耳カキカキは左右とも上手くできなくて、特に右足では力が入りません。
毛づくろいやティモテのように立っている時はバランスを崩しやすいし
ぶるぶるっとしたり体の向きをパッと変えたりするとふらついてしまいます。

そしてトイレから降りる時も転びそうになったので撤去しました。
DSC07357.jpg

今は掃除のしやすさを優先にして、金網でシーツをはさんでます。
うさ耳の牧草BOXは木の角が危なそうだったので、三角トイレのすのこを外して牧草入れに。

急に環境を変えてもかわいそうなので
トイレの撤去、水置き場、牧草入れ、と日にちをあけて変更していきました。
しばらくこれで様子を見ようと思ってます。

ももをお迎えしてから毎号買っている「うさぎと暮らす」。
今まで何の気なしに読んでいた介護のページを読み直しました。
ももはまだ自分から牧草を食べにいくことができるし
おしっこも、最近はかなりあちこちにしてるけど、ほぼ決まった場所でしています。
介護というほどの状態ではなくてもよろけて体をぶつける心配があるので
今後はマットを敷いたり囲うことも考えています。

来週には病院があるので、病気の進行度合やケージ内のことを相談してきます。




18:00 病院・病気・けが | コメント(2) | トラックバック(0)

マッサージ

2018/09/06
あんよのマッサージ時間がだんだんと長くなって困る・・・・どころかうれしい!(^^)

[広告] VPS


この時はカメラを持ってるので片手だけど
いつもは両手であんよ全体を包み込むようにマッサージ。
足裏嫌がらないなんて、きっと気持ちいいんだよね(^^)


握手
DSC07252.jpg


握足
DSC07251.jpg


握しっぽ
DSC07253.jpg



大きなしこりの周辺に小さなしこりがまた出来てしまいました。
少し強めに内部を触るとコリコリとしたものが4個か5個か6個。
撫でているだけではわからない感触です。

自分で見つけることが出来て良かった。
病院でいきなり指摘されたらショックだからね。


実は心配なことが他にも。
対策途中なのでそれはまたあとで。



17:35 病院・病気・けが | コメント(2) | トラックバック(0)

血行障害

2018/09/05
実は、先日の検査から二日後にまた病院へ行ってきました。


検査した日の夜、いつものようになでなでマッサージをしている時に
右足太ももからかかとにかけての表面が赤黒くなっていることに気づきました。

DSC07234.jpg

DSC07233.jpg


注射針を刺したあたりには少し腫れもあったので
採血時の内出血だとすぐにわかりました。


翌日、腫れが少しひいたような、でも皮膚の色に変化はなし。
採血での内出血について検索してみても、うさぎについては探せませんでした。
私も経験があるけれど、人間ならば大抵の人はそのまま消えるのを数日待ちますよね。
じゃあうさぎも同じかな?

その翌朝、やはり気になって病院に電話したら「急がないけど連れてきて」と。
そう言われると「急いで連れて行かなきゃ」となって、すぐに準備して出発。

しこりが血の巡りを止めたことによる血行障害、とのことでした。
病気一つ抱えてるだけでこういう思わぬことが起こるんですね。

普通はそこでステロイドを使うらしいのだけどすでに使っているし、他の薬には副作用の心配が。
まだそれほど悪い状態ではないので追加の薬はありませんでした。

「今何か出来るとすればマッサージかな」と先生に言われました。
行き場のなくなった血管が、バイパスのように新しい血管をどんどん作っていけば
血行が良くなってむくみや赤みが取れてくるそうです。

細くてもいいから血管がいっぱい作られますように・・・
といつもより念入りにマッサージを続けて一週間。
赤黒かった皮膚が今では「赤い」になってきました。
ピンク色に戻れるようにこれからもマッサージだよ!


ももちゃん暑い中おつかれさまね
DSC_3022.jpg
ここ よくとおるよね



診察代
再診料      300円 (税別)




18:00 病院・病気・けが | コメント(0) | トラックバック(0)

涼しい朝は

2018/09/03
朝晩のお外の風が心地良くなってきました。
部屋の中はムシムシだったら暑かったりで相変わらずエアコン三昧な日々ですが。


涼しい朝はべらんぽしましょ♪

DSC07136.jpg

DSC07138.jpg

DSC07139.jpg

DSC07142.jpg


ももにも季節を感じてもらえるといいな(^^)




14:39 もも | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME |