09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ハッピーハロウィン!

2018/10/31
かわいいクッキーをいただいたので
懐かしの黒うさぎさんと記念撮影です。

DSC07946.jpg



ももちゃんのハロウィン。
(2013年10月11日)
かぼちゃうさぎ


カボチャの被り物とか黒い帽子とか来年こそは作るぞ!
・・・と思っているだけで、毎年何もせずハロウィンは終わってました^^;





16:45 もも | トラックバック(0)

お水入れのこと

2018/10/29
10月4日。
まだ自分でお水を飲めていました。
[広告] VPS

両角に水入れを置いていたのは多分6日間くらい。
その間、この水入れを引っかける高さを3回は変えたと思う。

最終的には浅い器になみなみと水を入れるか斜めにして飲ませていました。

DSC07888.jpg


ウォーターボトルから器の水入れに変えたのは1歳になる前のこと。
上向きに飲むことが難しくなるであろう遠いシニア期に向けての早めの対策でした。
まさか器の高さのせいで下向きに飲むことすら難しくなるとは想定外でしたが
病気にせよ加齢にせよ、頭を支える力が弱まると水を飲む行為自体が大変だということです。
かかりつけ医が器での水飲みを推奨するのも納得です。




17:31 病院・病気・けが | トラックバック(0)

しんどかった日のこと

2018/10/24
多分この日が今までで一番しんどい日だったんじゃないかと思います。

10月11日の朝、ケージの囲いの網を外してマット類の配置を変更。
ももを移動させたついでにおしっこで汚れたお尻周りを拭いてあげることにしました。
抱える時にお腹を触ってしまっておしっこがぴゅ~っ!
何度かかけられたことがあって気をつけていたのにまた失敗。

おしっこでお腹パンパンだったのに抱っこしてゴメンね。
DSC07843.jpg

温かい濡れタオルで拭き、軽くドライヤーをしてケージに戻しました。
すると、キレイになったと喜んだのは私だけで、ももはグッタリしてしまいました。

動けなくなってからは腕で体を支えるように体を左を下にして横たわっているかスフィンクスのようにしているかで、ゴロンとはせずにいつも頭が起きている状態でした。
その姿が私にはどうにも力んでいるように見えていて、クッションにもたれさせれば楽なのではと思ったんです。

そこでマットの下にタオルで緩く傾斜をつけ、もたれさせるように右を下にして寝かせました。
まだこの時には「同じ向きばかりだと体が固まってしまう」と勘違いしていたので
いつもとは逆の右を下にして首の力が抜けるようゴロンとしてもらおうと。

見るからにグッタリした表情と体の様子に、動かして疲れさせてしまったと思ってました。
体を拭いてあげてから30分後の動画です。
牧草を口にしていても、目には力がありません。
[広告] VPS


もしかしたら体勢が良くないのではと気づいて体を起こしてあげたのが昼ごろ。
抵抗する力もなくされるがまま辛い体勢で3時間もただ耐えていたんでしょう。
ホッとしたような顔に見えたのは気のせいじゃなかったと思います。
後悔しても遅いですが、なんでいつもと同じようにしてあげなかったのかと
本当にかわいそうなことをしてしまいました。

以前に載せたこの写真は、午後になって表情が少し良くなってきたときの写真です。
DSC07855.jpg

それでもまだ調子が良くなったわけではなくやはりいつもと様子が違っていたので
翌日予定していた通院もこのままの状態だったら行くのはやめようと決めました。
無理してでも行って点滴したら回復するかもと思ったり、
もしかしたらもう病院へ行くことはないかもしれないと思ったり。
お別れが近いことを本当に意識した夜でした。

しかしそんな簡単に終わるももではありません。
夜遅くなってから牧草を食べ始め、軟便が出てコロコロうんちに変わって。
まるで止まっていた半日が動き始めたようでした。

翌朝いつも通りの食餌とお水、そして何よりも目力が復活していました。
DSC07880.jpg

DSC07892.jpg
[広告] VPS

予定通り通院して、帰宅後はご褒美のクズの葉。
DSC07894.jpg


たまたまの不調に、苦手な体の向きに寝かせたのも良くなかったんだと思います。
大きな山を乗り越えてまだもう少しいけそうな気がした日でした。




16:18 病院・病気・けが | トラックバック(0)

初七日

2018/10/22
昨日は初七日でした。

まだ七日? もう七日?

どっちかというと、まだ七日しか経ってないの?ってかんじです。
とにかく一日が長いんです。
食餌にへやんぽに掃除、声をかけたりナデナデしたりと
「おはよう」から「おやすみ」までずーっともも中心の毎日でした。
それがぽっかり空いてしまったわけだからね。
特に最後の半月ほどはとても密に過ごしていたから余計にぽっかりです。
こんなにもももに関わってた時間が多かったのかと思い知らされてます。

でも悲しみに浸ってばかりの毎日ではないんですよ。
写真やフォトブック見てボーっとしたり涙することもあるけれど
あれから毎日のようにもも用品などを整理しています。
使わない物は処分し、思い出のある物やまだ処分したくない物はキレイにして片付けています。

そんなに早く片付けなくてもと思われる方がいるかもしれませんが
私はももへの想いが大きなうちにやった方が良いと思うんです。
洗って片付ける。
キレイに拭いて片付ける。
これを使ってる時かわいかったね、と思い出して感謝して。
いる物もいらない物も汚れたままそこに置きっぱなしになってる方のがよっぽどひどいんじゃないかって思います。

今日は念入りにケージの網を洗いました。
しっかり洗いすぎたらステンレスのつやがなくなって青錆びのようなのが付いてしまいました。
あぁガックリ・・・・・。
でも、いつ洗うにせよきっとゴシゴシしただろうから結局は青錆びになっただろな。


sketch-1539850571718-2.jpg
もも、6歳8ヶ月20日。
うちのコになって、約6年7ヶ月。
もう少しももちゃんの話をさせてくださいね。


お気に入りの一枚(2016年4月2日)
DSC02738 (1)





21:41 もも | トラックバック(0)

旅立ち

2018/10/17
10月14日(日)午後6時50分頃、ももは私たちの元から旅立っていきました。

16日(火)午前、動物霊園で葬儀。
立会火葬ではなかったので葬儀場でお別れとなりました。
一旦帰宅しケージ周りを片付けてきれいに整え、数時間後に迎えに行きました。
そして小さな骨壷に入ったももを連れて帰ってきました。

今はがらんとしたケージに骨壷、写真、お供え、お花を置いています。
何かを話しかけるわけではなく、ただ「ももちゃん」と声にするだけです。
それでもケージの前に座って写真を見ているだけで時間が過ぎてしまいます。

ももは最期まで一生懸命生きてくれました。
どんな姿になってもかわいいままでした。

ももを見守ってくださった方々、今までありがとうございました。

そして、ももちゃん。
ももちゃんとの出会いは私の一生の宝物です。
うちのコになってくれて本当にありがとう。




16:47 もも | トラックバック(0)

干渉しない

2018/10/14
12日、病院へ行ってきました。

体重は一週間前と同じ1.0kg。
今はもうどこかを治療するという段階ではないので
最近の状態を話し、体力と食欲を維持できるように点滴と注射をして終わりです。

実は前日の11日にはお耳がペタンとして元気がありませんでした。
無理して病院へ連れて行きたくないし、でも点滴をしないと・・・。
悪い方にしか考えがいきませんでした。
そんな飼い主の心を知ってか知らずでか夜になったら牧草を食べ始めました。
元気を取り戻したときにはどれだけホッとしたことか。


腕ぴーんのままで天窓から入れることができました。
DSC_3089.jpg


帰り道、どう見てもお疲れ顔。
DSC_3096.jpg


この腕、無理に戻すと引っ込めた分だけ胸に圧がかかるからそのままのがいいそうです。
体の向きを変えるのは、床ずれができているわけではないからしなくていい。
足の曲げ伸ばしは、走り回ってる頃ならまだしも、もうそのレベルではないからやるだけかわいそう。
自分が楽な姿勢をとっているのだから干渉しないで好きにさせる。

あらら、良かれと思ってやっていたことはストレスを与えるだけだったとはね。
干渉しすぎないように・・・も気をつけます。

だけどさ、ナデナデとくんくんだけはずっとやらせてね。


診察代
再診料、
注射、内用薬    5800円 (税別)




17:54 病院・病気・けが | トラックバック(0)

別荘1号?2号?それとも・・・

2018/10/12
状態に合わせてケージ内を変えていくうちにだんだん狭くなってなんだかゴチャゴチャに・・・。
掃除のときのももの待機場所も必要だったので、シンプルな別荘を用意してあげました。

もも用品を置いていたラックを1段外して
(写真は9/25)
DSC07534 (2)


別荘1号!
もう水置き場の必要ないし、牧草を置くだけでOKです。
DSC07748.jpg

日中はケージで、朝と夜はこの別荘1号で。
10cmの壁がちょうどいい高さで、解放感バッチリ触れ合い放題になりました。
実は、へやんぽしなくなってから思いっきり触れ合えなくて淋しかったんです。(私がね)
就寝時はこれごと寝室へ連れて行けるのもいいところ。
すぐ横にいれば向きを変えたりお水を飲ませるのも楽になります。


・・・で翌朝。
DSC07803.jpg

元にいた場所(右上)にはたくさんのコロコロも。
これいい!と思ったけどよく見たら両腕がぴーんで角につかえてる?

ということで、


別荘2号!
DSC07827.jpg

キャリーケースの下半分です。
長さは十分だけど塀に囲まれたような圧迫感と狭いのが難点。
またその時考えればいっか、となんとなく準備していた朝でした。

しかしその夜、少しは自由がきいていた左腕までもが伸びっぱなしになってしまい
急遽そのままの別荘2号で一緒に寝ることになりました。

やはり前後左右に余裕のない狭さが気になりました。
向きを変えるのが難しいし、おしっこで濡れたとこにずっといたのもかわいそうでした。

こうなったら最後は・・・・・


やっぱケージでしょ!
DSC07855.jpg

金網外してバッチリすぎるほどの広さと解放感、触れ合い放題にクンクンし放題!
一人でも運べる重さになったし、ももも慣れたおうちで過ごせます。
金網があった時に感じてた狭さとゴチャゴチャも気にならなくなりました。
掃除やお世話がやりにくかったのは金網のせいだったとはね。
もちろん動き回れるなら金網は絶対必要だけど、もう少し早く気づけば良かったな。

一晩限りだった別荘1号と別荘2号。
長時間はムリでも一時待機場所としては使いやすいし、部屋での移動には軽くて便利です。




17:43 病院・病気・けが | トラックバック(0)

右手がぴーん

2018/10/11
右手を伸ばしてる姿を見ては、「おてて長いねー」なんて話しかけてました。

これは9/7の写真。
手先一つ分くらい前に出てます。
DSC07302.jpg


最初はゴロンとしている時だけだったので、ただ伸ばすのが気持ちいいのだろうと思ってました。
両足が立たなくなって、腕の力だけで動くようになって、右手に力が入らなくなって、ついには肩がカクンと内側に入り込んで位置がずれて腕が伸びっぱなしになってしまいました。
肩の位置を元に戻す時は体を起こしてカクンとはめるように戻してあげてます。
今は寝たきりなので定位置に戻してもすぐに肩がずれてぴーんになっちゃいますが。


1ヶ月経った10/7。
手がヘンな向きしてるのが普通になってしまいました。
DSC07796.jpg




*おまけのもも*

10/1。
[広告] VPS

よくできました! (^^)




15:46 病院・病気・けが | トラックバック(0)

強制給餌できず

2018/10/09
これだけ病院へ通っているので信号の流れがすっかり頭に入ったし
抜け道も見つけて移動時間が短縮できるようになりました。
と言っても5分も短縮できなくて、せいぜい4分といったところだけど。
1分1秒でも早く車の揺れから解放してあげたいので安全運転の超特急で通院します!

前回軟便になったときの体重は1.05kg・・・多分。
一瞬チラッとしか見えなくて見間違えたのかと思ってました。

そして今回は1.0kg。
やっぱり見間違えてなかったようです。

体重がだいぶ落ちてきてしまい強制給餌を始めるかどうかの話になりました。
正直、強制給餌できる自信がありませんでした。
すぐに「はい」と返事ができなくて、もしかしたら渋った表情をしていたかもしれません。

しかし、話しながらももの様子を見ていた先生は「強制給餌は無理だ」と判断されました。
今のももは両足ともだらんとなって立つことができないし右手も麻痺しています。
診察台でももから手を離すとスルスルと腹ばいなってしまうほど力がもうありません。
強制給餌は呼吸のリズムに合わせないと詰まらせてしまうそうです。
踏ん張ることができないともしパニックになった時に危険だ、との判断でした。

強制給餌はおあずけです。
自力で食べれているうちは自然に任せることになりました。
最近は栄養補給になればとアルファルファも食べさせています。
気力体力が少しでも戻ってくれればと思う毎日です。


診察代
再診料、
注射、内用薬    6800円 (税別)



*おまけのもも*

まだ足がなんとなく動いている頃、
ゴムで吊り上げて楽に起き上がれるようにダンナさんが工夫してくれてました。
ひょいひょいと軽い足取りが見れたときはうれしかったな。

line_1538486008879.jpg

ももちゃん、赤いお洋服かわいかったよ。



14:49 病院・病気・けが | トラックバック(0)

包んでポイ

2018/10/07
夜中ほとんど動いていないので
朝起きるとしっぽの下にはコロコロがいっぱい。

牧草ちゃんと食べてイイコ(^^)
DSC07718.jpg


カリカリに干した生牧草もおいしいね(^^)
DSC07704.jpg


お尻をきれいに洗って、お尻周りの毛を少しカットしました。
それからちょっといい手を考えました。

あらかじめ布きれをお尻とあんよの間にはさんで、軟便が出たら包み取って捨てる。
そしてまた布きれをはさんでおく。

布きれがあってもなくても20-30分おきにお尻のチェックをしていたけど
ないよりはあった方が汚れ方も処理のしやすさも全然違います。
この布きれ対策と軟便の水っぽさがなくなってきたのと毛のカットで汚れが減りました。

なんで布きれかというとティッシュだとあっという間になくなっちゃうんですよね。
着古しのTシャツとかを10cm角くらいに切っておいて気兼ねなくバンバン使ってます。

軟便が出るのは日中の4-5時間だけです。
夕方頃コロコロに戻ったのを見てからお尻を洗ってます。
汚れていても疲れさせたらかわいそうで毎日洗ってあげられないけど。

汚れていないか、おしっこで濡れていないか、体位を変えたり、お水を飲ませてあげたり。
ももは「ゆっくりさせてよ!」と怒ってるかもしれません。
それでも、朝も昼も夜ももものそばにいてお世話できて、私はうれしいです。




17:52 病院・病気・けが | トラックバック(0)

日々変化

2018/10/04
日に日に体を動かすのが難しくなってきています。

今は右足だけでなく左足も麻痺。
[広告] VPS

体の向きを変えるだけでも大変で。
[広告] VPS

(あ・・・おしっこしちゃった?^^;)


一歩動くのがやっとなのに、ケージの奥の水入れになんてとても無理。

奥行きを狭めて水入れを手前に2ヵ所。
昔使ってた小さいステンレス水入れと浅めの器に替えました。
DSC07687.jpg


上手に飲めてるね。
DSC07691.jpg


びちょびちょのお口かわいいよ♪
DSC07693.jpg


ももの状態は毎日変化してます。
昨日と今日とでも違うし、朝できてたことが夜できなくなったり。
それに合わせてケージ内も2-3日毎に変えていってます。

今朝からはこれ。
DSC07730.jpg

少し狭くしてみました。





17:02 病院・病気・けが | トラックバック(0)

手ごわいガビガビ

2018/10/03
軟便と格闘した9月29日。
翌朝30日にはたくさんのコロコロが出ていたけれど
念のため葉野菜をあげるのを止めておきました。

「下痢(軟便)はピタッと止まらなくて良かったり悪かったりだから、その頻度が少なくなれば良い。
手間かけて洗ってもすぐ汚れるし、治まるまで洗わない方がいい」

そう先生に言われたんだけど・・・・・


ももちゃんごめんね、ちょっと見せてね。
DSC07631.jpg

ガビガビのかたまりにコロコロや牧草粉が引っついて・・・うーん。


どうにも我慢できず洗ってしまいました。
DSC07636.jpg

お湯を張ったところに座らせるようにして下半身を浸します。
左手で体を支えて右手でかたまりをほぐし、最後にシャワーできれいに流して終わり。

と書けば簡単なことだけど、強力ガビガビは手ごわい相手でした。


低めの温度で遠くからドライヤーです。
早く乾かさないとね。
DSC07638.jpg


ふかふかな白い尻尾は1時間もしないうちにまたネットリさんになってしまいました。
軟便は夕方過ぎまで続き、夜にはまたコロコロに戻りました。

先生のおっしゃる通りでした。
こういうのも症状の一つってことなんでしょうね。
でもだからと言って洗わないでいるとガビガビがどんどん強力になりそうだし。

どうしたもんかなぁ・・・・・。




12:00 病院・病気・けが | トラックバック(0)

うにうに出てくる

2018/10/02
9月28日、病院から戻った午後。
美味しいモノを食べさせてあげたくて生牧草とニンジン葉を買ってきました。


生牧草3本
DSC07612.jpg

ニンジン葉1本
DSC07604.jpg

・・・くらいを食べました。

生牧草を食べてからしばらくすると、しっぽ大の巨大な盲腸糞が2つ出てました。
こんなのがどうやって出てきたのかと不思議なくらいな大きさでした。

牧草以外で食べているのはペレット数粒、葉野菜、そしてたまにわずかな果物。
そこに生牧草がお腹に入ったのが良くなかったのかと、もうあげるのを止めました。

その夜と翌朝29日にはたくさんのコロコロうんちが出ていたので
ニンジン葉や小松菜などの野菜をいつも通りに食べました。

ところが昼前あたりだったでしょか。
気づいた時にはお尻もあんよもうんちまみれになってました。
取っても取ってもうにうにと止まることなく出てくる軟便。
毛にねっとり絡んでどこが肛門なのかわからないくらい汚れてしまいました。

少し治まった頃に洗面所でシャワーをかけてお尻とあんよを洗ってあげました。
もちろん初めてのことだし、突然のことで準備も何もありません。
ただきれいにしてあげたいという気持ちだけでした。
でもきれいになったのはその時だけで
その後も軟便が出続けてあっという間に汚れてしまいました。

もしかしたら前日の巨大な盲腸糞も本当は軟便だったかもしれません。
ぶどう状のツブツブ感があったし強烈なニオイもしたのでその時は盲腸糞だと思ったけど
軟便もこれだけ量があるとかなりなニオイがするんですよね。

夜の診察を待ってダンナさんと二人で病院へ行き、点滴と注射をしてもらいました。
先生は前日のレントゲンがストレスだったかもと言い
私は私で生牧草がいけなかったと思っていました。
原因ははっきりわからないけど
あんなに好きだったお薬を二日ほど飲まなくなっていたので
その頃から不調が始まっていたのかもしれません。

最初病院にももを連れていかなかったんです。
連日ももを連れ出したくなかったし、整腸剤が出るくらいだろうと考えていたので。
そしたら「注射をしたほうがいい」ということで慌てて戻ってももと再び病院へ。
私は大事な時ほど判断を誤る・・・と猛省です。

点滴と注射をして、先生にお尻の汚れを少し取ってもらい帰宅。
コロコロうんちも出てきたし、うんちと格闘した一日がやっと終わりました。

でもね、うんちとの格闘はまだ少し続くのよ ^^;


診察代
再診料、 注射    3300円 (税別)




12:01 病院・病気・けが | トラックバック(0)
 | HOME |