FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

手術することになりました

2018/04/17
先週病院へ行ってきました。

いつものように先生の「どう?」の一声から始まり、
爪が生えてきたこと
前より大きく広がってしまったこと
走りにくそうにしていること
を伝えました。

先生は足を見た瞬間、「いやややや・・・」と。
爪のことには触れず、「色合いが良くない」と仰いました。
やっぱり・・・という気持ちでした。

手術についての話へと進んでいきました。
メラノーマの可能性がゼロではない
乾いて良くなっていた状態のときからすると明らかに腫れて様子が変わっている
ここから元の状態に形成を戻すのは多分無理である
今だったら指1本だけで済む
病理検査に出し良性か悪性かわかれば対策がとれる・・・・・等々。

内容は以前に聞いていたのと同じようなことだけど
今回は現実のこととしてしっかり受け止めなければいけません。

前足と違って後ろ足は、走ったり踏ん張ったり排泄時にも必要だそうで
指1本なら日常生活に支障はないだろう、ということです。
実際のところ先生も関節を外すような手術をしょっちゅうするわけではないそうですが
麻酔してバリカンで剃った時点でどこまで病変が進んでいるかわかり
さらにメスを入れて一層めくるとここまでの病変なんだなということがしっかりわかるそうです。

普通に考えるとあれだけ腫れて変色しているのにまとも状態の指に戻ることはまずないし
今後生きているあいだ抗生剤を飲み続けて余生を過ごすのはどうだろうか。
今までは良いか悪いかわからない状態で抗生剤治療していたけど
獣医師の立場からすると、やっぱり取って確認しておきたい、検査に出して白黒はっきりさせたい。
仮に、悪性のメラノーマでしたとなった時は、すぐにステロイド投与なり再発転移しないよう対策がとれる。
良性だとしたら、薬飲まなくて良くなるね、でおしまいになる。
じゃあ取らなかった方が良かったかというとそうではなくて、良性だとしてもその後にまたひどくなることもある。

どれも納得できるような話ばかりでした。
なんかこの見え方がいやな予感がするなぁ、と先生が感じているように
ケガが治っていく過程ではない状態だということは私も感じていました。

いつかしなければならないのならば、と一番早く空いていた18日で手術の予約をしました。
午前中にレントゲンと血液検査をし、問題がなければそのまま預けます。
お昼に手術して夕方には帰れるそうです。

カラーをつけることになるのでしばらくは毛づくろいできません。
今日はしっかりブラッシングしておきました。

DSC06395.jpg


ももちゃん、がんばろうね!

DSC06398.jpg




診察代
再診料      300円
目薬       3000円
抗生剤(半量) 2000円  合計5300円(税別)


涙目も相変わらずです。
目薬2本のうち1本が変更になりお値段アップです^^;




スポンサーサイト
11:41 病院・病気・けが | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
ももちゃん、手術なんですね。
辛い決断だったと思います。
ここは先生にお任せして、ももちゃんにも
頑張ってもらって、良性であることを祈ってます。
やそきちさんも心配だと思いますが
応援してますね!
No title
手術の成功お祈りしています。
そして予後も良好でありますように。
No title
どのように治療するかの判断は先生にしてもらう以外に手はないので
これが最良の選択だったと思います。

こうなったからにはももちゃんに頑張ってもらい、手術を乗り切り
一日も早く元気なももちゃんに戻ってくれることを祈りましょう。
ぴょん子と共に応援してます。
手術なんですね、、
やそきちさんも心配しすぎないで下さいね。
手術が無事終わり、良性でありますように、、、
手術終わりました
コメントいただいた方へ

無事に手術が終わり、ももを連れて帰宅することができました。
帰るなり牧草をむさぼるように食べてくれ、私もホッと一息ついているところです。
経過などはまた報告していきたいと思っています。
ご心配と応援、どうもありがとうございました。

管理者のみに表示