08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

1ヶ月が経ち・・・

2018/05/30
足の手術から1ヶ月が経ち、先週検診に行ってきました。

指の股、足裏、太もも、リンパ節など全身をくまなく触診。
レントゲンと採血、それから涙管洗浄もしてもらいました。

結果は、血液検査は正常範囲内、レントゲンも良し。
1ヶ月目は「問題なし」でした。


良かった・・・


指が変質していた時はいつもいつも足を気にしていたし舐めている時間がとても多くて。
それが手術してからは、最初からこの足でしたというくらい全く気にする様子なし。
指がなくなったら・・・という飼い主の心配をよそに
若返ったように元気いっぱい走り回っています。
手術して本当に良かったと思っています。

でも、今後もあのお薬を飲み続けるしか手立てがないことにプレッシャーのようなものを感じていました。
そのわずかな薬の量が適量より少なかったら、もし飲み忘れてしまったら、私のせいで再発させてしまったら・・・・。

ももが楽そうに過ごしているのが嬉しい反面、手放しで喜んでいられない複雑な気持ち。
何でもいいから早く答えが欲しいという焦りのようなものがありました。
いっそのこと悪い結果でも何か答えが出たらスッキリするんじゃないかと思うほど
術後しばらくはモヤモヤとした気持ちがずっとありました。

そのモヤモヤ感もだんだんに薄れてきて悪いことを考えなくなってきた頃の通院でした。
ただの顔見せのような、健康診断をしにきただけのようなかんじで
検査中も私には緊張感があまりありませんでした。

それが、です。
待合室で結果待ちをしていたら、奥の方でカチャカチャと音がしてきたのです。
乳鉢で薬を調合している音です。
患者は私ひとり。
「誰の薬?」と考えた途端、急に怖くなってしまいました。
まだ安心できる状態ではなかったという現実を突きつけられたようで
前回の病理検査の結果を聞いた時よりも血の気が引く思いでした。

診察室に呼ばれ、ふと奥を見るとスタッフがやはり乳鉢を手にしていました。
血液検査の説明を受けてる時も、レントゲンを見ている時も、不安でいっぱい。

だから
「とりあえず1ヶ月目は良しです」
と言われた時には、ものすごくものすごくホッとしたのでした。


クヨクヨしていても始まりません。
また来月の、そしてこの先の検診に向けて私の出来ることをしなければ!
薬の量は先生に確認したので投薬の不安事は消えました。
私には全身の触診なんて出来ないけど指の股なら触れる時があるので
異物感がないかのチェックをしてみたいと思います。


ももの足は今こんな感じ
DSC06815.jpg


毛が生えそろうまであとちょっと!
DSC06818.jpg




診察代
再診料、レントゲン、
血液検査、涙管洗浄、
内用薬 等       14100円 (税別)




10:00 病院・病気・けが | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
もう1ヵ月経ったんだね。
問題なし、本当に良かった!

私もせっかちなんで結果がはっきりしない状況がストレスになるのはすっごく良く分かる~(^^;)
でも目の前にいるももちゃんは走りやすくなって元気いっぱいできっとストレスフリーで幸せだと思ってるよね。
毛もだいぶ生えそろって見た目も違和感なくなってるし。
足の裏なんてもわっと凄い(^^)

1日1日を大事に過ごす・・・
私もつきみとの日々を当たり前と思わずもっと大事に過ごしていきたいな~
Re: 栗色うさこさん
過ぎてしまえば1ヶ月なんて早いもんですよね。
そうこうしてる間に何事もなく要注意期間が過ぎてくれるといいなぁ。

あんよの毛が不揃いにふさふさしてきたのがまたかわいくてね。
指の隙間が目立たなくなってきたし、見た目はもうほぼほぼ普通のうさちゃんになりました^^
ももちゃん
元気でね〜 ^_^
Re: かぐや姫ちゃぴこのパパさん
今朝も早くからケージガジガジ・・・
今日も明日も明後日も、毎日元気いっぱいだよー(^^♪

管理者のみに表示